巨大地震が怖い

私が小さなころは、関東大震災がいつ来てもおかしくないといわれて育ち、いつ来るのか、いつ来るのかと思いつつ、「もしかしてもう来ないのではないか」と思うようになっていました。危機感は全くなく、防災訓練も「めんどうくさいな~」。祖父が関東大震災を経験しており、地震が来るとすぐに窓を開けたりしていましたが、心配性だなあくらいに思っていました。巨大地震を言う言葉さえ思い出さない日々が続き、阪神淡路も他人事のようであんまり自分には影響なく過ごしていましたが、そのあと結婚して二人目を授かって数か月後に、3.11の地震を関東で体験しました。震度5強だったのですが、震度5強であんなに大変なのでは、震度7じゃあどうなるかわからない、そう思うようになりました。その上、原発が壊れて放射能が漏れ、0歳児のいた私は母乳を飲ませていいのか、ミルクは安全なのか、水は大丈夫なのか、外遊びはだめなのかなどで悩み、また保育園に行っていた子供の給食なども心配しました。直下型が来たら、原発は爆発しちゃうんじゃないですかね?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ